Q.不動産の売却は亡き親名義のままではできないのか?相続登記の必要性と義務化

Q.不動産の売却は亡き親名義のままではできないのか?相続登記の必要性と義務化

亡き親名義の不動産を売却するには、前提として相続の手続きが必要です。

たとえ相続人が一人であっても前提として「相続登記」をしなければなりません。

今回は、この「相続登記」に関して、必要性の有無やその理由、義務化される法整備に関してご説明いたします。

目次

関連記事

  1. 借地権の売却承諾料について
  2. 耐震診断について
  3. 「媒介契約」の依頼方法について
  4. 価格査定比較サイトについて
  5. 登録免許税の軽減措置
  6. 住宅ローンの連帯保証人から外れることができるか
  7. 住宅ローン審査の必要書類について
  8. 建物状況調査(インスペクション)について
PAGE TOP