司法書士は見た!不動産業界の悪習と非常識

司法書士は見た!不動産業界の悪習と非常識

どの不動産屋に行けばよいか悩みませんか?
強引な営業や調子のよいことばかり言う営業にはうんざりしませんか?
大切な財産である不動産を「海千山千」の業者に任せて大丈夫ですか?

巷には星の数ほど多くの不動産屋がありますが、そんなお悩みや困りごとに応えるために始めたのが、司法書士による不動産売買サポートです。不動産の法律家である司法書士事務所だからこそできる煩雑な不動産の売却手続きをまるごとお引受いたします!

目次

不動産情報の囲い込みという悪習

「不動産情報の囲い込み」という不動産業界用語をご存知ですか?
不動産仲介会社の収入源は仲介手数料です。つまりフィービジネスです。

 不動産の売却と司法書士

一般的な不動産会社の仲介手数料の上限は、物件の成約価格×3%+6万円です。

売却を依頼した不動産会社が買主を見つけてきた場合は、手数料は売主からだけでなく、買主からも受け取ることができます。

この売主・買主両方から手数料を受け取ることを「両手仲介」(「両手媒介」「両手取引」などとも言われが以下「両手仲介等」と言います)といいます

一つの取引で入る手数料が倍違うわけですから不動産会社としては当然この「両手仲介等」をしたいわけです。
(両手取引自体が必ずしも「違法」ということではありません。)

では、悪意のある不動産会社は何を考えるのかというと、自社で買主を見つけようと考え、他の不動産会社に客付けをさせなかったり(他社が見つけてきた買主は拒否したり)、レインズ(REINS:不動産会社のみが閲覧できる物件情報のシステム)に登録しなかったり、レインズに登録してもすぐに登録を抹消したりして、不動産の流通を阻害し、売主・買主の利益を毀損するのです。

このように情報を操作し自社だけの利益を倍増させる違法手段が「不動産情報の囲い込み」です 。

「不動産情報の囲い込み」をされると売主としては売却の機会を失い、なかなか買主が見つからない状態になったり、売却代金の値下げを要求されたりすることがあります。

ですが、売主自身でこの「囲い込み」がされているかどうかの判断は困難です。そこで一般消費者と事業者の「情報の格差」が生まれ、不正の温床にもなりかねません。

以下、週刊ダイヤモンドで話題となった記事がありますので、リンクを張っておきます。

参考HP:『大手不動産が不正行為か 流出する“爆弾データ”の衝撃』週刊ダイヤモンド特別レポート(2015年4月13日)

当事務所が不動産業を併設する理由

当事務所が不動産の売却事業をする一番の理由は「ご依頼者様に対して誠実でありたい」ということにつきます。

不動産の売却をご検討いただけたお客様には、物件情報の囲い込みはせず、他の不動産会社と連携し、広く買主様を探せるよういたします。

そして、「ご依頼者様にその時点での最善のご提案ができる事」を心がけ、司法書士業務に関する知識はもちろんのこと、その他の法律や住宅ローン、税金等に関しても日々新しい知識を仕入れ、他の士業や専門家とも連携してより良いサービスを提供できるようお約束いたします。

不動産の売却は人生の一大事

不動産の売却は人生の中で最も高価なものの売却とも言えます。そして、人生にそう何度も経験することでもありません。

何かをするときに、多くの人は事前にネットなどで調べたり、売却を経験した知人などに聞いたりして情報を手にしようと動くこともあると思います。

しかし、こと不動産の売却というと、あまり人に知られずに手続きをしたいとか、情報も膨大にあふれているためどれが本当のことを言っているのかよくわからないとか、一見で不動産屋に行くもの少し心もとない、など色々な不安があるかと思います。

それでも「不動産の売却をする」という行動に移すのでしたら、できる限り準備をして手続きを進めることをお勧めします。

では、不動産の売却をしようとする人がどういったことを考えると思いますか?

不動産の売却を検討する人の一般的な行動

不動産を売却しようと思い立った人が次に取る行動は、主に次の2パターンです。

A:近場の不動産屋か大手の不動産屋に行ってどれくらいの金額で売れるか調べてもらおう

B:ネット査定をしてみよう

AかBの方法で不動産会社に話を持って行くと思いますが、ではどの不動産会社に相談して、不動産の売却仲介を依頼するのでしょうか? 思いつくのは以下の基準でしょう。

  1. 営業の人がよさそうな人だったから
  2. 大手の不動産会社だから信用できそうだから
  3. 売却査定の金額が一番高かったから

しかし、上記のようなことで不動産会社を決めるのはちょっと待ってください!

なぜなら、営業の人柄がよくてもその会社が金儲け主義の会社であれば騙されます。

大手だからこそ無駄な広告費や金儲け主義が蔓延し囲い込みをすることもあります。また大手は売却案件も多く集まるため自分の物件を熱心に営業してくれるかわかりません。

売却査定は自社の基準等で適宜の額を算出しているため高い査定が本当に適正な額であるかわかりません。査定だけ高くだしても、不動産には「相場」がありますので、高い査定では売れる物件も売れません。そのため、数ヵ月後にはきっと値下げの提案が言い訳とともにされることになります。

不動産会社に不動産売買を一任する危険性

不動産の売却は人生の中でそう何度も経験することではありません。つまりほとんどの売主は「素人」になってしまうわけです。

利益を追求するプロである不動産業者と経験の少ない素人である売主との間には、大きな「情報の格差」があります

それでは、自分が素人だからといって不動産会社に売却手続きを一任するのはいかがなものでしょうか?

確かにすべて一任すれば一番楽な形で手続きが進むかもしれませんが、「いいようにやられてしまう」というリスクも発生します。

「不動産は高額な商品」です。

「不動産会社選びがより良い売却を成功させるキーポイント」となります。

不動産の売却は清澤司法書士事務所にご相談を

本業が国家資格である司法書士業務をしている当事務所は、高度な倫理規定に基づき業務に携わっております(万が一倫理違反などで懲戒事由などに該当したら業務ができなくなります。)。

「ご依頼者様に対して誠実でありたい」という信念をもとに日々業務をしておりますので、不動産の売買をご検討中の方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・無料相談予約受付 TEL 03-6300-9577
PAGE TOP