土地の売却時には境界線をチェックしよう!知っておきたいポイントを解説!

土地の売却時には境界線をチェックしよう!知っておきたいポイントを解説!

土地の売却を考えているときには、境界線が明確かどうかに注意が必要です。
境界線が曖昧なまま売却手続きに入ると、さまざまな問題が生じて売主の負担が増えてしまうので、境界線に関するポイントは事前にしっかりご確認ください。
今回は、土地の境界線とは何かにくわえ、調べ方や境界線を定める測量の費用もご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

土地の売却前に確認!境界線とは

土地の境界線とは敷地の境目のことであり、筆界と所有権界の2種類があります。
前者は登記されている境界、後者は隣地の所有者との間で決めた個人的な境界であり、両者は一致しているのが理想ですが、何らかの理由で食い違うケースも珍しくありません。
境界線が明確でないと土地を使用しづらいうえ、隣地の所有者とトラブルになるケースも多々あります。
土地を売り出すにあたっても境界線の情報が必要であり、敷地の境目が不明瞭では売却手続きを進められません。
ゆえに、公的機関に境界を決めてもらう「筆界特定制度」などを活用し、土地の売却前に敷地の境目を確定させることも多いです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地の売却にあたって押さえたい境界線の調べ方

売りたい土地の境界線を調べるには、公図や地積測量図を参照するのがひとつの方法です。
どちらも不動産の売買においては信頼されている資料であり、一見の価値があるものの、記載内容の精度が不十分な場合もあるため注意が必要です。
売りたい土地が区画整理をされている一帯にあれば区画整理図面、自治体が地籍調査を実施している一帯にあれば地籍調査図面で境界線を把握できる場合もあります。
以上のような公的な資料のほか、私的な書類を確認するのもおすすめです。
たとえば土地を購入したときの売買契約書などに境界線が載っているケースもあるため、過去に取得した書類にも一度目を通してみてください。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地の売却前に境界線を確定する測量を実施!費用はいくら?

土地の境界線が曖昧な場合、売却前に測量をおこなって敷地の境目を確定する場合があります。
その測量は測量士や土地家屋調査士に依頼するのが一般的で、費用は公的機関の立ち会いが不要なら30万円~50万円、立ち会いが必要なら60万円~80万円かかります。
なお、筆界特定制度を使って境界線を確定するときも測量を実施する場合があり、費用は依頼主が出さなければなりません。
相場は50万円~80万円ですが、実際の金額は一概にいえないので、個別によくご確認ください。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

土地の境界線とは敷地の境目を指しますが、公的なものと私的なものの2種類があるため注意が必要です。
境界線の調べ方は基本的に資料の確認であり、公図や地積測量図などをチェックします。
境界線の確定のために測量をおこなうと、一般的に数十万円の費用がかかるため、資金は事前に用意しておくと良いでしょう。
私たち「中野リーガルホーム」は中野区を中心に、東京23区エリアで不動産売却のサポートをしております。
お客様に真摯に対応いたしますので、ぜひお問い合わせください。

関連記事

  1. 不動産売却時に火災保険を解約する方法とは?返戻金の計算方法も解説…
  2. 底地とは?売却しづらい理由や方法をご紹介
  3. 不動産売却の流れ!どれくらいの期間で売れるの?
  4. 気付かれずに不動産売却をしたい!そんなときの方法とは?
  5. 不動産売却にインスペクションは必要?目的や費用について解説!
  6. 不動産が売れない原因と売れるための改善策についてポイント解説
  7. 不動産売却時にかかる諸費用や、ローン返済の費用についてご説明
  8. 不動産売却におけるインスペクションとは?目的や費用を解説
お問い合わせはこちらから
無料査定はこちら
無料相談申し込み・お問い合わせ
PAGE TOP