不動産売却の理由は重要?住み替えや離婚などで気を付けるべき注意点とは

不動産売却の理由は重要?住み替えや離婚などで気を付けるべき注意点とは

不動産売却するには、離婚や相続などさまざまな理由が考えられます。
それぞれのケースでは、なにに気を付けて不動産売却をしたらよいのでしょうか。
ここでは、中野区を中心に23区にお住まいの方に向けて、不動産売却する理由別の注意点についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

住み替えが理由で不動産売却する場合の注意点とは?

住み替えが理由で不動産売却をおこなうには、売却と購入のタイミングが重要となります。
住み替えが理由の売却方法は「売り先行」と「買い先行」の2つです。
「売り先行」とは、今住んでいる住宅を売却した後に、新しい住宅を購入する方法です。
先に住宅を手放すため納得のいくまで売却活動ができ、希望する売却価格で販売しやすくなります。
注意点は、売却後から引っ越しまでに住む住宅を手配する必要があることです。
「買い先行」とは、新居を購入と引っ越しを済ませてから、元住んでいた住宅を売却する方法です。
新居探しに時間をかけられるため、良い条件の住宅を見つけやすくなります。
買い先行の注意点は、不動産売却が長引いた場合は元の住宅と新居のローンを二重に支払う可能性があることです。
住み替えが理由である場合は、2つの不動産売却方法の注意点を意識して、最適な方法を選びましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

離婚が理由で不動産売却する場合の注意点は?

離婚が理由で不動産売却する際の注意点は「財産分与」です。
不動産も財産分与の対象となります。
離婚が理由の財産分与では、夫婦で2分の1ずつに分けるケースが多くなっています。
注意点は、夫婦間での話し合いのもと財産分与の割合を決められることです。
必要に応じて話し合いをしましょう。
その他の注意点は、不動産は物理的に分けられないことです。
そのため、不動産売却して得た利益を分けるか、分与相当額の金銭を交付するのが一般的です。
離婚が理由でそれぞれが引っ越すのであれば、不動産売却して現金化した方がトラブルは少ないでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

相続が理由で不動産売却する場合の注意点は?

相続が理由で不動産売却する際の注意点は、亡くなった方から相続人へ名義変更をおこなう「相続登記」です。
亡くなった方が所有者のままだと不動産売却ができません。
相続登記は不動産売却において重要な手続きなので、注意点として忘れずに申請しましょう。
相続が理由で売却する際のその他の注意点は、相続税です。
不動産売却で得た利益で相続税を支払う場合は、なるべく早く売却をおこなう必要があります。
相続を知ったタイミングから10か月以内に相続税を納付する義務があることが理由です。
しかし、遺産分割の話し合いだけでも、2、3か月程かかります。
早めに売却するか、あらかじめ納税資金を用意しておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却するにはさまざまな理由がありますが、それぞれのケースで注意すべきポイントがあります。
売却理由に合わせて不動産売却の流れを押さえ、スムーズに手続きを進めましょう。
私たち「中野リーガルホーム」は、中野区を中心に23区エリアで不動産売却のサポートをおこなっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 気付かれずに不動産売却をしたい!そんなときの方法とは?
  2. 不動産売却時の値引き交渉の対応とは?価格設定や対策をご紹介
  3. 不動産売却の注意点を知ろう!離婚や相続の売却で注意すべきことは?…
  4. 不動産売却の流れ!どれくらいの期間で売れるの?
  5. 不動産売却と実は関係がある住民税!納税の時期や計算方法をご紹介
  6. 新築物件をすぐに売却したい!高い値段で売るコツを解説
  7. 不動産を売るときには何を確認すれば良い?必須事項をご紹介
  8. 不動産売却の相談はどこにすべき?目的別の相談先について解説!
お問い合わせはこちらから
無料査定はこちら
無料相談申し込み・お問い合わせ
PAGE TOP