不動産売却時の値引き交渉の対応とは?価格設定や対策をご紹介

不動産売却時の値引き交渉の対応とは?価格設定や対策をご紹介

不動産売却時に買い手は、少しでも安くしてほしいと思っていますが、逆に売り手は少しでも高く売りたいと思っています。
実際の売買契約前にお互いの納得いく金額になるように交渉をしていくわけです。
そこで今回は、不動産売却時の値引き交渉された際の対応や価格設定や対策についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で値引き交渉されたときの対応はどうするのが良いのか?

不動産の売買のときはどうしても値引き交渉が出てきます。
冒頭でもご説明した通り、買い手は安く、売り手は高く売りたいというのが本音だからです。
値引き交渉が長くなるとお互い面倒になり他の買い手を探そうとしたり他の売り手を探そうとする可能性があります。
値引き交渉交渉はスムーズになるようにしましょう。
値引き交渉するときは2,000万円程度のものであれば100万程度の値下げ交渉が相場といわれています。
必ず値下げ交渉に対応する必要はありませんが、少しでも対応するほうが好印象になります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に値引き交渉されたときの価格設定に関する対応

不動産売却時の価格設定は相場を知ったうえで、高めに売りたい場合は少し金額を上乗せして価格を決めましょう。
ただ高く売りたいから大幅に高くしても相場よりはるかに高くなってしまうとなかなか買い手がつきません。
相場を調べてからどの程度高くしても良いかを考えてから価格設定をおこないましょう。
ネットなどに掲載してから一定期時期が経った建物は値引き交渉されやすいです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時の値引き交渉を想定した対策とは?

不動産売却時の値引き交渉の対策としては、売り出し直後の不動産などはすぐに価格交渉されても対応しない点です。
すぐに値引き交渉に対応すると買い手は味をしめてさらに高い要求をしてきます。
値下げ対応するのは売り出してから最低でも3か月後からにしましょう。
その物件の閲覧状況を調べてアクセスが少なければ価格を下げることを視野に入れます。
その物件のWebページの表示の仕方なども見て変更するか所があれば変更してより魅力的なものにします。
考えていた金額よりも高額な値引き交渉をされてしまった場合は断るようにしましょう。
周辺の不動産の価格などをしっかり調べることが大事です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

少しでも高く売りたいからと相場よりも少し高く価格設定をすることもできますが、買い手が見つかりにくくなったり価格交渉される可能性が高くなります。
価格交渉に応じた方が好印象ですが、大幅な値下げ交渉をされないように売り出し直後の価格交渉は断るようにしましょう。
私たち「中野リーガルホーム」は中野区を中心に、東京23区エリアで不動産売却のサポートをしております。
お客様に真摯に対応いたしますので、ぜひお問い合わせください。

関連記事

  1. 終活のススメ!相続した不動産を空き家にしないための対策や注意点
  2. 不動産売却の際にかかる費用はなにがある?費用の種類についてご紹介…
  3. 不動産売却前におこなう机上査定や訪問査定とは?相場を調べる方法も…
  4. 不動産売却におけるインスペクションとは?目的や費用を解説
  5. 不動産売却と実は関係がある住民税!納税の時期や計算方法をご紹介
  6. 不動産の一部を売却するときには分筆が必要!分筆の方法とは?
  7. 底地とは?売却しづらい理由や方法をご紹介
  8. 新築物件をすぐに売却したい!高い値段で売るコツを解説
お問い合わせはこちらから
無料査定はこちら
無料相談申し込み・お問い合わせ
PAGE TOP