任意売却の注意点

任意売却の注意点

任意売却の注意点

住宅ローンの返済ができなくなり、「任意売却」を検討することになった。競売になる前に「任意売却」できたほうが高く売れるみたいだけど、何に注意すればよいのだろうか。

巷には星の数ほど多くの不動産屋がありますが、そんなお悩みや困りごとに応えるために始めたのが、司法書士による不動産売買サポートです。不動産の法律家である司法書士事務所だからこそできる、煩雑な不動産の売却手続きをまるごとお引受いたします!

目次
・任意売却のメリット(競売との比較)
・任意売却時の注意点
・親族間売買、リースバック
・任意売却は、清澤司法書士事務所にご相談を

任意売却のメリット(競売との比較)

①経済事情が明るみに出ない
競売情報は、新聞やインターネット(不動産競売物件情報サイト)で公開されてしまうため、住宅ローン延滞等の経済事情を、第三者に知られてしまう可能性があります。

任意売却は、通常の売却手続きを進めることになりますので、金融機関以外の第三者に所有者の経済事情が知られることはありません。

②市場価値で売却できる
競売は、入札形式で売却手続きを行い、市場価値よりも安い(一般的には70%程度)価格で売却されます。

競売情報は公開されておりますが、戸建て住宅や区分所有マンションの競売において建物内を確認できず、競売情報の公開~入札~落札まで短期間で進むため、十分な情報収集ができないため、競売物件を専門に購入する不動産業者のみが落札することになります。

不動産業者は、購入金額に利益を乗せて販売するため、市場価値より安価で売却手続きが進むことになります。

任意売却は、あくまで市場価値での売却となり、競売よりの高値の売却が可能となります。

③引き渡しの条件
売却時の測量費用、滞納分の管理費・修繕積立金、仲介手数料、引越し費用等の諸経費を、金融機関との調整により売却した代金から控除できます。それにより、金銭的な負担(手出し)が軽減されることになります。

④残債は分割返済ができる
売却後も残った債務(残債)は、金融機関との協議のもと、分割返済が可能です。収入や生活状況を考慮の上、現実的に支払うことができる金額の支払いに応じて貰える可能性もあります。

⑤連帯保証人への支払い請求
競売の場合は、売却後の残債は一括返済を迫られます。それにより、自己破産してしまうと、連帯保証人へ返済を求められてしまいます。

任意売却時の注意点

①連帯保証人への同意が必要
連帯保証人から同意が得られないと、任意売却を進めることができません。連帯保証人の配偶者と離婚協議を進めることになってしまった場合は、その時点で売却を進める相談者もいます。

②売却価格
売却価格が残債と乖離していると、金融機関から同意を得られない可能性あります。売却後の分割払いに支障が出る懸念があるためです。

③任意売却を任せる会社
任意売却は、金融機関との調整と売却活動を並行して進める必要があり、売却の実務経験だけでなく、法律・税務への理解も備えた仲介会社を選定する必要があります。

親族間売買、リースバック

任意売却は購入者を選ぶことができる手続きです。親族へ販売(個人間・親族間売買)し、そのまま自宅として住み続ける(リースバック)ことも可能です。但し、個人間・親族間売買は、任意売却と同様、金融機関との調整が必要となります。

任意売却、個人間・親族間売買は、清澤司法書士事務所にご相談を

本業が国家資格である司法書士業務をしている当事務所は、高度な倫理規定に基づき業務に携わっております(万が一倫理違反などで懲戒事由などに該当したら業務ができなくなります。)

「ご依頼者様に対して誠実でありたい」という信念をもとに日々業務をしておりますので、一度ご相談ください。

関連記事

  1. 財産分与時における不動産の個人間・親族間売買
  2. 住宅ローンの支払いが厳しいので不動産を売却したい
  3. 司法書士×不動産会社が行う任意売却
お問合わせフォーム
PAGE TOP