任意売却は引っ越し代が出る?競売との違いについてもご紹介

任意売却は引っ越し代が出る?競売との違いについてもご紹介

住宅ローンの支払いが厳しくなり、任意売却を検討している方のなかには、引っ越し代の不安を抱えている方もいるでしょう。
お金に余裕がないなかで、新居への引っ越し代が捻出できないのではと不安に感じるのは当然です。
この記事では、任意売却において引っ越し代が出るケースについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

任意売却では引っ越し代がでるが競売の場合は引っ越し代が出ない?

ローンが支払えず、住まいを手放す場合の対応としては「競売」もしくは「任意売却」が多いです。
また、任意売却の場合は債権者が引っ越し代の捻出を認めてくれるケースがあります。
任意売却では、居住者が引っ越さないと売却を進められないので、金融機関としてもスムーズに引っ越し、売却、そしてローンの返済と進めたいと考えています。
任意売却は競売よりも高い金額で取引されるため、引っ越し代を捻出しやすいです。
一方、競売の場合は引っ越し代は出ません。
なぜなら、競売で買主となるのは転売を目的とした不動産会社が多いからです。
不動産会社は収益を出すために購入するので、引っ越し代のような費用を認めるケースはほとんどありません。
競売の手続きは裁判所に申立てをおこなえば進行するため、債権者も買主も引っ越し代を出す必要性がないのです。

▼この記事も読まれています
定年後に住宅ローンが残っているのは問題?知っておきたいポイントを解説!

\お気軽にご相談ください!/

任意売却で引っ越し代がもらえるケースとは

任意売却の場合でも、必ずしも引っ越し代がもらえるわけではありません。
債権者である金融機関と交渉し、認めてもらえると引っ越し代を出してもらえます。
引っ越し代は金融機関の善意によるもので、義務ではないため断られる可能性もあります。
しかし、支払いが苦しいほどの状況の場合が多く、引っ越しも容易ではないのは金融機関も前提として考えているでしょう。
また、任意売却を進めるためには物件の明け渡しが必須で、引っ越し代がないから引っ越せない状況は金融機関としても避けたいと考えています。
そこで金融機関もできる限り引っ越し代の捻出に対応してくれます。
というのも、競売よりも高く売れる任意売却のほうが回収できる金額も高くなるため、引っ越し代を捻出しやすいです。
自身のできる内容としては、可能な限り高い金額での取引となるよう販売活動に力をいれると良いでしょう。
また、金融機関との交渉も真摯な姿勢での対応をおすすめします。

▼この記事も読まれています
住宅ローンが返済不可になったらどうすれば良い?任意売却の方法とは?

まとめ

競売では引っ越し代が出ませんが、任意売却は引っ越し代が出る可能性があります。
引っ越し代は金融機関の善意なので、できるだけ誠実な態度で交渉しましょう。
また、高い金額で売却できた場合もそのなかから引っ越し代を捻出してくれる可能性があります。
中野区の不動産売却なら中野リーガルホームへ。
司法書士のライセンスを取得しているスタッフが丁寧にサポートいたします。
損のない不動産売却をご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 住宅ローンが返済不可になったらどうすれば良い?任意売却の方法とは…
  2. 定年後に住宅ローンが残っているのは問題?知っておきたいポイントを…
  3. 任意売却の注意点
  4. 任意売却における委任状とは?委任状を作成する際の注意点も解説!
  5. 不動産売却はローン残債があっても可能?注意点はある?
  6. 不動産売却時のオーバーローンの調べ方とは?対応方法も解説!
  7. 住宅ローンの支払いが厳しいので不動産を売却したい
  8. 財産分与時における不動産の個人間・親族間売買
お問い合わせはこちらから
無料査定はこちら
無料相談申し込み・お問い合わせ
PAGE TOP