タワーマンションは高く売却しにくい?その理由や注意点をご紹介

タワーマンションは高く売却しにくい?その理由や注意点をご紹介

タワーマンションは、その高級感や設備の充実さから高所得の方に人気がある物件です。
しかし、実はタワーマンションは高く売却するにはなかなか難しい物件であることが知られています。
この記事ではタワーマンションが高く売却しにくいと言われる理由や、売却時の注意点をご紹介します。
タワーマンションの売却をご検討中の方は、ぜひご確認ください。

\お気軽にご相談ください!/

タワーマンションが売却しにくいと言われる理由

タワーマンションが一般的なマンションよりも売却しにくい理由には「大規模修繕」「金利」の2つがあります。
タワーマンションは多くの部屋が入っており、建物が大きいため修繕費が高くなってしまいます。
そのため、ランニングコストの観点から避けようと考える方が多くなるのです。
また、タワーマンションは高額であるため、長期の住宅ローンを組む方が多くなっています。
そのため金利が上昇するとローンの返済額に大きな影響を与えることも、タワーマンションが売却しにくくなる理由です。
その他にも立地が悪いことや日当たりなどの問題もありますが、上記2つはタワーマンションに共通している理由であると認識してください。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

高く売却できるタワーマンションの特徴

タワーマンションは売却が難しいですが、3つの特徴があると売却がしやすくなります。
その3つとは「駅近などの立地」「日当たりの良さ」「定期的な管理が行き届いていること」です。
「立地」と「日当たり」は、入居者を集められるかどうかに深く関わっており、この2つが良ければ空室リスクを大きく下げられます。
そのため、タワーマンション購入のデメリットがあっても、買い手を見つけやすいのです。
そして「定期的な管理」は、現在住んでいる方の満足感に直結します。
購入後も一定の収入が得られやすいため、買い手が見つかりやすいのです。
タワーマンションの売却を考えている際は、これらの特徴を満たしているのかを確認しておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

タワーマンションを売却する際の注意点

売却の際の注意点としてはまず、タワーマンションは高層階に住みたい方が多く、低層階は売却が難しい点があります。
そのため、低層階は売却費を安くするなど工夫が必要です。
また、タワーマンションを売却する際には税金などの手数料にも注意が必要になります。
とくに、譲渡所得は所有期間が5年を超えているかどうかで金額が変わるものです。
5年以下であると利益の39.63%、5年を超えた場合は20.315%となるため売却時期にも注意をしておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

今回はタワーマンションが高く売却しにくいと言われる理由、売却時の注意点をご紹介しました。
タワーマンションは人気がある一方で、売却は難しいといった特徴があります。
タワーマンションを売却する際には独自の注意点やコツを押さえて、効果的に進めていきましょう。
中野区の不動産売却なら、私たち「清澤司法書士事務所」にお任せください。
司法書士のライセンスを取得しているスタッフが丁寧にサポートいたします。
損のない不動産売却をご提案させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 相続時精算課税制度とは?計算方法や注意点もご紹介!
  2. 不動産売却時に支払う税金への対策についてポイントを解説
  3. 固定資産税がかからない土地を相続したときの相続税や活用方法をご紹…
  4. 不動産売却にかかる所得税と確定申告について解説
  5. 司法書士事務所ならではの珍しい不動産売却
  6. 不動産売却で既存住宅売買瑕疵保険を利用するメリットやデメリットと…
  7. 不動産売却の買取保証とは?メリットや利用条件を解説!
  8. 固定資産税がかからない土地を相続したときの相続税や活用方法をご紹…
お問い合わせはこちらから
無料査定はこちら
無料相談申し込み・お問い合わせ
PAGE TOP