トラブルを防ぎスムーズに売却するための空き家を売る方法やポイントをご紹介

トラブルを防ぎスムーズに売却するための空き家を売る方法やポイントをご紹介

空き家を所有し続けていると維持管理に負担がかかるため、なるべく早めに売却したほうが良いでしょう。
スムーズに売却するためには、どのように売却活動をおこなっていくかを考える必要があります。
この記事では、空き家を売る・貸すの判断や売る方法・ポイントについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

空き家は売るべきか貸すべきかそれぞれのメリット・デメリット

空き家を売るか・貸すかは、今後の使用予定がなければ売る、あれば貸すを判断基準の1つとして考えるのが良いでしょう。
空き家を売ることで、売却資金を得られる、維持管理に手間や費用がかからないなどのメリットがあります。
しかしデメリットとして、手放すことで使用できなくなること、仲介手数料やローンの残債などの売却による費用がかかることがあります。
一方空き家を貸すメリットは、家賃収入が入ることや家を所有し続けることができることです。
ただ家賃の未払いにより借主とトラブルになる可能性があること、固定資産税や維持管理の費用は負担しなければならないなどのデメリットがあります。
将来的に家の価値が下がることで売却が難しくなることや費用を負担し続けることを考えると、早めに売却するのが良いでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

売れ残らずに空き家を売る方法

一般的な不動産に比べて売れにくい空き家を売る方法には以下の3つがあります。

古家付きのまま売る

古家とは築年数が20年を超える家のことで、すぐに売却活動に入ることができますが売却価格が低くなってしまう可能性があります。

解体して更地として売る

活用方法が広がることで買い手がつきやすくなりますが、解体費用がかかることや建物を残した場合と比べて固定資産税がかかる点に注意です。

リフォームをしてから売る

家の価値が上がることで買い手がつきやすくなりますが、解体と同じく費用がかかりリフォームの内容によっては売れにくくなってしまうかもしれません。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

トラブルを防ぐための空き家を売るポイント

売却後のトラブルを防ぐために、空き家を売るときには主に3つのポイントをおさえる必要があります。
1つ目は境界を確定させることで、これは境界を確定させておかないと近隣の方とのトラブルにつながる可能性があるからです。
2つ目は、長期を見越して計画を立てることです。
空き家は売却までに時間がかかるため、なかなか売れないからといって安易に価格を下げると結果的に損をしてしまいます。
3つ目は家の状態把握をすることで、瑕疵(欠陥)があるかどうか確認しましょう。
確認せずに売却後に瑕疵が見つかると契約不適合責任となり、補修費用の負担や損害賠償責任を負ってしまいます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

どのように空き家を売るかは、立地や家の状態を考慮して選択しましょう。
トラブルを防ぐためにも、上記の空き家を売るポイントをおさえることが大切です。
私たち「中野リーガルホーム」は中野区を中心に、東京23区エリアで不動産売却のサポートをしております。
お客様に真摯に対応いたしますので、ぜひお問い合わせください。

関連記事

  1. 路地状敷地(旗竿地)の売却
  2. 空き家を売りたい!現状と更地の売り方と売却にかかる費用は?
  3. 空き家を活用したビジネスの事例とは?成功のコツや注意点をご紹介
  4. 空き家は相続放棄しても管理責任が残る!放棄をせずに手放す方法とは…
  5. 空き家買取のメリット・デメリットや流れについて解説!
  6. 旧耐震基準の実家の団地の売却
  7. 家族信託で空き家対策をおこなうメリットは?空き家増加の原因もご紹…
お問い合わせはこちらから
無料査定はこちら
無料相談申し込み・お問い合わせ
PAGE TOP