Case 06:相続した収益物件の親族間売買

Case 06:相続した収益物件の親族間売買

Case 06
ご相談者・地域:N様・東京都練馬区
ご相談内容
配偶者(=亡夫)から相続した収益物件の親族間売買。
相談者が老後の生活費が必要となり、住宅ローン利用で子どもへ売却しようとしたが、金融機関から親族間売買での融資利用はできないと言われ、困り果て相談いただきました。
サポート内容

相続不動産の価格査定

金融機関への融資(住宅ローン)相談

不動産鑑定士への鑑定評価書作成依頼

契約書・重要事項説明書作成

成果
当事務所が提携する金融機関へ相談者を紹介。金融機関から提出を求められた不動産鑑定評価書を、提携先の不動産鑑定士に作成いただくことで、住宅ローン利用が可能となり、親族間売買の手続きが完了しました。

配偶者(=亡夫)から相続した収益物件の親族間売買。
相談者が老後の生活費が必要となり、住宅ローン利用で子どもへ売却しようとしたが、金融機関から親族間売買での融資利用はできないと言われ、困り果て相談いただきました。

関連記事

  1. Case 01:2次相続での相続手続きと不動産売却
  2. Case 03:面識のない相続人がいるケースでの相続不動産売却
  3. Case 05:相続した貸宅地(底地権)の売却
  4. Case 02:相続した区分所有マンション(旧耐震)の売却
  5. Case 04:相続した借地権付き建物の売却
お問合わせフォーム
PAGE TOP