相続税が払えない、払う為に不動産を売却したい

相続税が払えない、払う為に不動産を売却したい

相続税の支払いが発生し、現金が用意できない場合にはどうしたら良いのでしょうか。

相続時の支払い義務と期限

大切な家族が亡くなり、残された遺族が悲しみに暮れている中、多額の相続税の支払い義務が発生するケースは多いです。

相続税の申告・納税は、相続発生の翌日から10ヶ月以内に行う必要があり、さらに納税は現金一括が原則です

遺産が現金や預貯金であればさほど問題もありませんが、土地・建物といった不動産などを相続した場合、相続税の支払いが難しくなる可能性も少なくありません。

不動産など資産の売却で相続税の資金作り

相続した不動産や美術品・骨董品などの資産を売却し、現金化する方法があります。
例えば土地を相続したものの特に利用せず、ただ固定資産税を払っている場合、売却し現金化することで遺産分割しやすくなります。また、納税資金に充てることも可能です。

詳しくは下の「不動産売却までの流れ」の図をご覧下さい。

不動産売却までの流れ

関連記事

  1. 賃貸アパートやマンションを管理していくのが大変だから売却したい
  2. 換価分割|相続不動産を売却して現金で分ける方法
  3. 旧耐震基準の実家の団地の売却
  4. 遺産整理業務と不動産売却業務
  5. 相続不動産の半分を売却したい(分筆して売却)
お問合わせフォーム
PAGE TOP