賃貸アパートやマンションを管理していくのが大変だから売却したい

賃貸アパートやマンションを管理していくのが大変だから売却したい

相続で突然「大家」になってしまったら? 売却するか経営するか、よく検討しましょう。

相続した収益物件(不動産)を活用する場合

経営経験が全くない状態で駐車場やマンションやアパートなどを突然相続した場合は、闇雲に経営を受け継ぐのではなく、一度事業計画をしっかり見直すことが大切です。
経営収支はどうなのか?払っている金利は妥当なのか?今後どのような経費が必要なのかなど。状況によって対応は変わります。

また、更地や農地を相続した場合も、そのままでは相続税や固定資産税が負担になるばかりですから、土地活用が必要です。

アパートやマンションを管理していくのが大変だから売却したい

相続した収益物件を管理していくのが大変だから売却したいという場合は、まず、名義変更の登記を行い、同時にアパート・マンションの物件調査を進めます。

その後、相続税の特例などにつき、提携の税理士と相談しながら、売却活動を始めましょう。詳しくは下の「不動産売却の流れ」の図をご参照ください。

不動産売却までの流れ

関連記事

  1. 遺産整理業務と不動産売却業務
  2. 換価分割|相続不動産を売却して現金で分ける方法
  3. 旧耐震基準の実家の団地の売却
  4. 相続税が払えない、払う為に不動産を売却したい
お問合わせフォーム
PAGE TOP