測量にいくつか種類があるって聞いたんですが、それってなんですか?

測量にいくつか種類があるって聞いたんですが、それってなんですか?

Q.測量にいくつか種類があるって聞いたんですが、それってなんですか?
A.大まかに言うと、現況測量と境界確定測量の2種類があります。

測量とは、土地の面積や高低差などを、精密な機械により「測り」、土地の点の関係を数値や図面にすることをいいます。

以下参照
測量法では、「地の測量をいい、地図の調製及び測量用写真の撮影を含むものとする。」と定義しています。
広辞苑では、「①器械を用い、物の高さ、深さ、長さ、広さ、距離を測り知ること。②地球上の各点相互の位置を求め、ある部分の位置、形状、面積を測定し、かつこれらを図示する技術」とされています。

現況測量

現況測量とは、土地の現況を測量し、面積を求めて平面図を作成することです。

場合によっては、土地上の建物やブロック塀なども測量し、平面図に記載します。
あくまで現況を測量するものであり、隣接地所有者との境界を確定するものではありません。

土地の境界に関しては、隣接の所有者や道路管理者との「立会」をしないため、確定測量と比べ簡易な方法ともいえます(法的な効果も異なります)。

境界確定測量

確定測量とは、測量する土地の隣接地(道路など、公官庁の土地も含みます)所有者との立会いを行い、土地の境界を確定させる測量です。

 

関連記事

  1. 不動産売却時にかかる税金について
  2. 不動産売却時の測量について
  3. 住宅ローンで購入した自宅を賃貸にする場合
  4. 建物状況調査(インスペクション)について
  5. 購入 or 賃貸、どちらのほうがよいのか
  6. 不動産売却時の特別控除
  7. 登録免許税の軽減措置
  8. 未登記家屋の売却
お問合わせフォーム
PAGE TOP