住宅ローンで購入した自宅を賃貸にする場合

住宅ローンで購入した自宅を賃貸にする場合

Q.住宅ローンを利用してマンションを購入しましたが、手狭になったので、住み替えを検討しています。マンションを売却しようか、賃貸に出そうか迷っています。
A.住宅ローン利用中の物件を貸家とすると、債務の一括返済を求めれる可能性があります。まずは金融機関への相談が必要です。

住宅ローンは、自己の居住用物件を購入することを目的とし、金融機関から融資を受けております。自宅を賃貸したことが金融機関に判明してしまうと、契約違反とされ、債務の一括返済を求められる可能性があります。

賃貸住宅などの不動産投資ローンは、住宅ローンよりも金利が高く設定されています。
返済原資が給与等の住宅ローンと比較すると、返済原資が賃貸収入である不動産投資ローンは、空室リスクが考慮され、割高な金利が設定されます。

賃貸住宅とする場合は原則、不動産投資ローンへの借り換えを行うことになります。
転勤することになった、親の介護のために同居が必要となったなど、住宅ローンを返済中の物件を賃貸にすることが認められることもあります。

賃貸住宅にすることを伝えなければ、金融機関に知られることはないと質問されることもありますが、入居募集のインターネット広告を金融機関へ確認されてしまう、住宅ローン残高証明書等の書類が本人に到達しないなど、金融機関が疑念を持ち調査した結果、無断で賃貸利用をしていたことが判明してしまうと、債務の一括返済を求められる可能性があります。

住み替え物件を、購入するか賃貸するかは別として、住宅ローンを利用している物件を賃貸にすることを検討するのであれば、金融機関への相談をしたほうがよいことを、ご相談者にはおすすめしております。

関連記事

  1. 不動産の共有はよくないって聞くけどなぜ?
  2. 購入 or 賃貸、どちらのほうがよいのか
  3. 住宅ローンの連帯保証人から外れることができるか
  4. 契約不適合責任について
  5. 借地権の売却承諾料について
  6. 「媒介契約」の依頼方法について
  7. 未登記家屋の売却
  8. 不動産売却における農地転用許可について
お問合わせフォーム
PAGE TOP